ルーレット
05.03.2021

ショットバー ルーレット(Shot Bar Roulette) - 西大橋(バー)


やったことがない人は山ほどいても、ルーレットというゲームの存在自体をまったく知らない人はいないはず。したがって知名度という意味においては、他のいかなるカジノゲームにも勝さっているばかりか、内容も 単純明快 なため、カジノ初心者がスロットマシンの次にやるのもこのゲームだ。. 初心者といえば、実際にブラックジャックやクラップスなどとは異なり、このルーレットには 「悪手」 (やったら損をするような悪い賭け方)というものが存在しないため( * )、戦略などを知らずにプレーしても、初心者と熟練者との間で結果に(期待値に)差が生じない。  つまり勝敗は技量とは無関係に 「すべて運しだい」 ということになり、それがゆえにこのルーレットは初心者に向いているゲームといってよいだろう。 ( * 厳密にいうならば、「0、00、1、2、3番の 5ヶ所に賭ける」といった極めて例外的な「悪手」が存在していたりするが、それは知らなくていいというか、知らないほうがよい。また、後術する 「トリプルゼロ」 という台が近年増え始めており、それは確率論的に極めて悪質な台なので、それには絶対に近づかないようにしたい).

前置きが長くなってしまったが、せっかくラスベガスにまでやって来て、 「やったのはスロットマシンだけだった」 というのはあまりにも残念なことなので、ここで基本的な知識をしっかり身につけ、ブラックジャック、クラップス、バカラと並ぶテーブルゲームの代表格の一つであるルーレットぐらいには挑戦してもらいたいものである。  機械相手のマシンゲームとは異なり、テーブルゲームはディーラーや他のプレーヤーという生身の人間と一緒に楽しむゲームなので臨場感や興奮、そしてラスべガスらしい独特のゴージャスな雰囲気なども体感でき、きっと旅の良き思い出になるにちがいない。. ルーレットは見ての通り、戦略のみならず視覚的にも非常にわかりやすい。つまり、円盤( ホイール という)に投げ込まれたボールがどの番号に入るかを当てるだけの 極めて単純なゲーム だ。. ホイールには 1番 から 36番 、それに 0番 オンラインカジノ 00番 、合計 38ヶ所 の ポケット がある。 (ポケットのことを「スロット」、「スポット」などと呼ぶ場合もあるが、とりあえずここでは最も一般的と思われる「ポケット」に統一。なお、プレーの現場でこれらの言葉が使われることはないので覚える必要はまったくない).

緑の 0番 と 00番 が存在する、いわゆる「ダブルゼロ台」のレイアウト。(これがラスべガス標準). ホイールとセットになって存在しているのがルーレットテーブルで、そこにはホイールのポケットに応じた番号が描かれており、そこに賭け金を置いてプレーすることになる。上の写真がラスベガスで最も一般的な 38ポケットのテーブル( 0番 と 00番 が存在する台。いわゆる「ダブルゼロ台」)のレイアウトだ。. 参考までに、ヨーロッパのカジノや、ラスベガスのカジノでも高額プレーヤー専用のセクション( * )には ルーレット だけで 00番 ゲーム 種類 37ポケットの台 があったりするが(下の写真)、確率論的に客にとっては非常にありがたい台ではあるものの、残念ながらラスベガスにおいては一般のプレーヤーが立ち寄るような場所にはほとんど設置されていないので、あえてこの台の存在を意識する必要はない。 ( * 高額プレーヤー専用のセクションとは、1回のプレーに数百ドル以上を賭けるような人たちのための特別エリアで、現場では High Limit Section などと呼ばれている).

また、近年ラスベガスでは、標準となっている「ダブルゼロ台」(38ポケット台)に加え、いわゆる 「トリプルゼロ台」 、つまり ルーレット 、 00番 に加え 番 も存在する 39ポケット の台も散見されるようになってきたが(下の写真)、この台は確率論的に客にとっては 非常に不利な台 なので、とりあえずここでは忘れることとし、このあとの説明では、すべて ラスベガスで最も一般的な「ダブルゼロ台」(38ポケット台)でプレーする ルーレット. さてさっそく賭け方についてだが、ボールが入るその番号そのものを単発で当てる単純な賭けから、偶数か奇数か、 ルーレット か 黒 かなど、さまざまな賭けのバリエーションが存在しており、当たる確率に応じて払戻金の倍率がそれぞれ決められている。  ただ、賭け方のバリエーションはたくさん存在しているものの、ルーレットにはブラックジャックのような基本知識や最善手を選択する技量などは必要とせず、またクラップスのような払戻金の倍率が不当に低い賭け方などもないため 戦略や戦術は存在しない 。それゆえ初心者でも不利になることなくプレーを楽しめるゲームということができる。.

したがって、ルーレットで覚えるべきことは賭け方の種類とその払戻額の倍率だけということになるが、その払戻額の倍率も、カジノ側(ディーラー)が正しく計算して払い戻してくれるので必ずしも覚える必要はない。 (もちろんディーラーといえども人間。極めてごくまれに払戻額を間違えることもあるので、そういう意味では払戻額の倍率を覚えて損はないが、間違えることなどめったに無いので、初心者がわざわざ努力して覚える必要はないだろう). とにかくくどいようだが、 ルーレットは知識や経験の大小によって有利・不利になるような要素が極めて少ない公平なゲーム といえる。 (ここでいう「公平」とは、初心者と熟練者の間で結果に差が生じにくいという意味での公平であって、カジノ側と客側の確率論的な有利・不利の公平ではない。0番 と 00番 が存在している限り、 確率論的にはカジノ側が有利になっている ことは言うまでもなく、そうでなければカジノというビジネスは成り立たない). プレーへの参加方法を初心者にもわかりやすく説明するならば、当たり前のことではあるが、まずはカジノ内でルーレットテーブルを探す必要がある。すぐに見つかるはずだ。  そしてそこに空席があったら自由にすわってかまわない。もちろん許可を取る必要もなければ、会話の必要もないので、英語が苦手だからといって参加をためらう必要はない。空席がなくても立ったままプレーすることも可能だ。 (年春に始まった 新型コロナ 騒動で、感染防止のためプレーヤー同士が距離を保てるよう ルーレット といったルールが設定されていたりすることもあるので要注意).

自分の座席や立つ場所を確保できたら、あとは現金もしくはカジノチップ(CHIP)を、賭けたいところに置くだけ。それでやるべきことはすべて完了となり、すぐにプレー開始となる。賭けたあとは人知の及ばぬボールの行方に運命を託すだけなので、何もやることはない。 (現金紙幣を賭けたいところに置いた場合、だまっていてもディーラーがすぐにその紙幣をカジノチップに置き換えてくれるので、両替をどうのこうのという必要はない。色チップに関しては後述). 賭け金をテーブルに置くことが唯一の参加への意思表示 ルーレット  この賭け金を置くタイミングも特にむずかしいルールがあるわけではない。ただ、投げ込まれたボールのスピードが次第に落ちてきて、ディーラーがテーブルの上で手を左右に振りながら 「ノーモアベット」 ( no more bet :もう賭けてはダメ)と言ったあとは、賭けることができない。言い換えれば、「ノーモアベット」と言われるまでは、いつ賭けてもかまわない(もちろん前回分の精算は終わっている必要がある)。  ここで知っておくべき重要なことは、 必ずしもディーラーがボールを投げ込む前に賭ける必要はなく、投げ込んだあとから賭けてかまわない ということ。. さて余談になるが、ラスベガスのことをよく知らない者が、 「ディーラーはねらった番号へ投げ込むことができるので絶対に負けるようになっている」 ルーレット  しかしそれはまったくの誤解。というのも、すでに述べたとおり、少なくともラスベガスにおいてはディーラーがボールを投げ込んだあとにも賭けることが許されているのである。  仮に、 ねらった番号に投げ込むことができる腕のいいディーラー が存在していたとしても、それを恐れること自体がナンセンスというもの。ディーラーがボールを投げ込んだあとに賭ければいいだけのことだ。  そもそも、ねらった番号に投げ込めるディーラーはいないし(ホイールの製造、そしてその精度は、ネバダ州の当局の厳しい規格にしたがっており、簡単にねらった番号に投げ込めるほど、甘く作られてはいない)、百歩譲ってそのようなディーラーが仮に存在していたとしても、カジノ側は絶対にそんな人物を雇わない。なぜなら、自分の家族や友人がプレーしに来たときに、その人たちを勝たせることができてしまい、カジノにとっては危険極まりない人物だからである。  とにかく腕利きディーラーの存在が気になる者は、必ずディーラーがボールを投げ込んだあとから賭けるようにすべきである。.

赤の番号 が出るか 黒の番号 が出るかに賭ける賭け(写真は赤に賭けている状態)。勝った場合の払戻金は1ドルの賭け金に対して1ドルが払い戻される(もとの賭け金も含めれば2ドルを受け取ることになる)。   0番 および ルーレット は グリーン なので、これらの番号が出た場合は 赤 に賭けた者も、 黒 に賭けた者も負け。つまりいわゆる「親の(カジノ側の)総取り」となる。. 偶数の番号 が出るか 奇数の番号 が出るかを当てる賭け。1枚目の写真は EVEN (偶数)に、2枚目の写真は ODD (奇数)に賭けたところ。賭け金はそれぞれ [EVEN] もしくは [ODD] と書かれた場所に置く。. これも 赤・黒の賭けと同様、払戻金は1ドルの賭け金に対して 1ドルが払い戻される。  数学的には 0 は偶数だ という見方もあるが、 0番 および 00番 が出た場合は偶数・奇数のどちらに賭けていても負けとなる。. LOW (前半の番号、つまり1番から 18番まで。1枚目の写真)か、 HIGH (後半の番号、つまり ルーレット 36番まで。2枚目の写真)か、という賭け。.

前半の番号に賭ける場合は [1 ルーレット 18] と書かれている部分に賭け金を置く。同様に後半の番号に賭ける場合は [19 TO 36] ルーレット  この賭け方も勝った場合の払戻金は 1ドルの賭金に対して1ドルが払い戻される。. テーブル上の番号スポットの一番下段に用意されている ルーレット (34,35,36番のすぐ下にあるワク)が、それぞれそのタテの列に含まれている番号に賭ける際の賭け金を置く場所。  たとえば、この写真のように左側のタテ1列に賭けた場合は、テーブル上の 1番 と 34番 の間に直線的に配列されている 12種類の番号が出れば勝ちということになる。勝った場合の払戻金は1ドルの賭け金に対して2ドルが支払われる。 (カジノチップを置く場所に [2 to 1] と書かれている意味は、的中した場合、「賭け金1ドルに対して2ドルを払い戻しますよ」という意味). たとえば写真のチップのような位置に賭け金を置くと、 ルーレット に賭けたことになる。これらの6つの番号のうちのどれかが出れば勝ち。勝った場合の払戻金は1ドルに対して5ドルが支払われる。(もとの賭け金も含めれば 6ドルを受け取ることになる). 写真のチップのように4つの番号が交差している位置に賭け金を置くと、その4つの番号に賭けたことになる。したがってこの写真の場合は ルーレット に賭けていることになり、勝った場合の払戻金は1ドルに対して8ドルが支払われる。(もとの賭け金も含めれば 9ドルを受け取ることになる).

写真のチップのような位置に賭け金を置くと、その横に並んだ3つの番号に賭けたことになる。したがって、この写真の場合は 28,29,30番の3つの番号 に賭けていることになり、勝った場合の払戻金は1ドルに対して 11ドルが支払われる。(もとの賭け金も含めれば 12ドルを受け取ることになる). 写真のチップのように2つの番号にまたがった位置に賭け金を置くと、その2つの番号に賭けたことになる。したがって、この写真の場合は 20番と 23番の2つの番号 に賭けていることになり、勝った場合の払戻金は1ドルに対して 17ドルが支払われる。(もとの賭け金も含めれば 18ドルを受け取ることになる). なお、 0番 と 00番 の間にも賭けることが可能で、払戻金は同様に 1ドルに対して17ドル。. これは最も当たりにくい賭け方であると同時に、最も払戻金の倍率が高い賭け方でもある。賭け方は、単独の番号の真上に賭け金を置くことになるので、これは初心者でもわかりやすい。(写真は、11番に単独で賭けた場面)  もちろん 0番 および 00番 に賭けることも可能。的中した場合の払戻金は1ドルの賭金に対して 35ドルが支払われる。(もとの賭け金も含めれば 36ドルを受け取ることになる). 払戻金の倍率を覚えていなくてもプレーはできるが、知っていた方がゲームがより楽しくなるだろう。  払戻金の倍率を覚える方法は非常に簡単で、その賭け方に対する当たり番号がいくつ存在しているかさえわかればすぐに計算できる。 ルーレット 4個の番号に賭けた場合、当たりとなる番号は当然4個存在するわけだが、36 をその 4 ルーレット 9 が、もとの賭け金も含めた払戻金の倍率ということになる。  同様の方法で、たとえば赤に賭けた場合をやってみると、赤の当たり番号は 18個存在しているので、36 を 18 で割った ルーレット  このように 「36」を「当たりとなる番号の個数」で割れば、元金も含めた払戻金の倍率がすぐにわかる ようになっている。.

この「色チップ」とは、 Aさんが 青 、 Bさんが 黄色 、 Cさんは 赤 というように、そこのテーブルにおいて特定のプレーヤーが独占的に使う同一色のチップのことである。  なぜ「色チップ」に交換してからプレーしたほうがよいかというと、ブラックジャックなどと違いルーレットにおいては複数の人が同じような場所にたくさんの賭け金を置くため、だれが置いた賭け金か判別不能になることを避けるためだ。. この「色チップ」 がブラックジャックやクラップスなどで使われる「金額が書かれた一般のチップ」と大きく異なる点は、金額がチップそのものに明記されていないということ。  その理由は、各プレーヤーが独自にその1枚の価値(金額)をそのつど自由に決めることができたほうが便利だからである。  たとえば予算 ドルでそこのルーレットテーブルの席に着いた者がいたとすると、まず現金 ドル(もしくは金額が書かれた一般のカジノチップ ドル分)をディーラーに渡して色チップを受け取るわけだが、その際、1枚の価値を 10ドルと決めて合計 20枚の色チップを受け取ってもよいし、1枚1ドルとして 枚受け取ってもよい。  つまり、1枚の価値はそのプレーヤー自身が、自分の予算や賭け方に応じて自由に決めればよいわけである。もちろんゲームを終了してその場所を離れる際は、最初に決めた価値に応じて一般の「金額が書かれたカジノチップ」に交換してもらうことは言うまでもない。.

この色チップで注意したい点は、当然のことながらそのルーレットテーブルを離れるとこの色チップの価値はゼロになってしまうということである。  なぜなら色チップはそこのテーブルの外では1枚当たりの価値を判別しようがないからである。  したがって、そこのテーブルでのプレーを終了する際は、手持ちの色チップは1枚残らずすべてを一般のカジノチップ(額面の書かれたチップ)に再両替してもらわなければならない。. なお、この色チップは、通常 20枚単位で購入するのが普通となっており(とは言っても、大多数の一般プレーヤーは ドルで 枚買うのが普通 )、数回だけ勝負して立ち去るような場合は、交換の手間を省くためにも現金や一般のカジノチップでプレーしたほうがよい。  一般のカジノチップでもよほどバラバラにたくさん賭けない限りは他人の賭け金とは区別できるものである。ましてや自分以外の他のプレーヤー全員が色チップでプレーしている場合、通常のカジノチップでも混同のしようがないので、数回のプレーで立ち去る場合は一般のカジノチップでプレーすべきだろう。.

普通のカジノチップ(金額が記載されているカジノチップ)はそのテーブルを離れる際に持ち去ってもよいが(というか、キャッシャーで換金するためには持ち去る必要がある。ルーレットテーブルでは現金に換金できない)、色チップは絶対に持ち出してはならない。つまり席を離れる際は、必ずすべて通常のカジノチップに交換してもらう必要がある。 バカラ カジノ  不正とは、たとえばこうだ。色チップ1枚の金額を1ドルに決めてプレーしているテーブルで、プレー終了後に席を離れる際、その色チップを全部両替せずに一部をこっそり持ち出し、そのあと別のテーブルで、同じ色のチップを1枚10ドルに決めてプレーし、あらかじめ持ち出していた1ドルだったはずのチップを紛れ込ませれば利益が出ることになる。 ルーレット 枚置かれている)、近年は各テーブルの色チップにテーブル番号が記載されている上、さらに ICチップが埋め込まれていたりするので、そのような不正行為を企てても成功しない。そもそもバレたら逮捕されることを忘れてはならない。.

毎回のゲームにおいて、 的中番号が決まったあと、的中者全員(正確には的中した賭けの全部)に対する払い戻し作業が完了するまで一切のアクションをしてはならない 、というルールがあるので、 的中して払い戻されたカジノチップにすぐに手を出してはいけない 。(うっかり手を出してしまっても、注意されるだけで逮捕はされない!)  このルール、初心者のためにゲームの流れに沿って説明してみたい。 ルーレット 「的中番号を示すための棒」 (ガラスや金属製の 5~8センチ程度の棒状の物体)を置く。この写真の緑の 00番 の上に乗っている棒がまさにそれだ。. この棒を置いたあと、ディーラーには忙しい仕事が待っている。それは、はずれたカジノチップを片付ける(回収する)作業と、的中したカジノチップに対して払戻金を払う作業だ。  プレーしている人数が多い場合、もしくは個々のプレーヤーがたくさんの場所に賭けている場合、この作業にはかなりの時間を要することがある。逆に人数が少ない場合などはすぐに終わる。具体的には 10秒 もかからない場合もあれば、 2分以上 を要する場合もある。  ちなみにこの写真は、 赤の30番 が的中番号で、その番号の上にガラス製の棒が置かれている状態。. この作業をやっている間、ディーラーはカジノチップの回収や払い戻し作業、さらには配当倍率の計算などで視線がテーブル上から離れることもあり、客の不正行為を監視しにくい状態に置かれる。  不正行為とは、たとえば的中しなかった客がディーラーの視線を盗んで的中した番号にカジノチップを置くとか、赤の番号に10ドル賭けていた者が、赤が的中番号だとわかった瞬間にコッソリさらに何十ドルも追加で置いてしまうなど、いくらでも不正行為はできてしまう。  そういったことを避ける必要があるため、ディーラーがカジノチップの回収や払い戻し作業をすべて終わるまで、客はテーブル上に手を出してはいけないというルールになっている。  この 「手を出してはいけない」 は、あとから的中場所にカジノチップを置いたり追加するという行為はもちろんのこと、的中した自分の払戻金を引き上げる行為も含まれているので、とにかく 「いかなる動きもしてはダメ」 と覚えておくとわかりやすい。(もちろん腕時計を見たり頭をかいたりすることはかまわないし、自分の手元にあるカジノチップの残高を数えることなども問題ない).

では、 ルーレット の瞬間はどうやって見極めればよいのか。それは非常に簡単で、むずかしいことはなにもない。ディーラーが的中番号の上に置いた棒を取り除いたときが 作業完了の合図だ 。 ルーレット. テーブルを見ればわかると思うが念のため。 ルーレット 番がある台は避けるべき 、ということはすでに述べてきたが、 という数字が描かれていないトリプルゼロの台 が最近増えてきているので要注意だ。  そのような台では以下の写真のように、 という数字の代わりに そのカジノのロゴ などが描かれている。見れば簡単にわかるはずなので、だまされる者はいないと思うが、初心者は注意されたし。  なお、このトリプルゼロの台がいかに不利であるかに関しては、当サイトの週間ラスべガスニュースの バックナンバー第号 に掲載されているので、興味がある人は参考にして頂きたい。以下の写真がロゴ型のトリプルゼロ台だ。. 本来であれば [] となっている部分が ロゴに。. HOME ラスベガスの週間天気予報 コンベンション予定 コンサート予定 ゴールデンナイツ試合日程 フォーラム. 大統領選後のトランプタワー、ギフトショップに変化あり ベネチアンホテルの買い手はもうひとつの MGM社? どこよりも分かりやすい!カジノルーレットのルールと遊び方を徹底解説 ラスベガスの現在の様子を確認できるライブカメラ映像 目的別ラスベガスのホテル選び術|ホテルが決まっていない人は必読! スポットニュース 2月24日更新.

基礎知識 ニュース ホテル ナイトショー 観光スポット グルメ ショッピング アトラクション カジノ ナイトクラブ ルーレット ゴルフ ツアー 地図 時事・その他. カジノ初心者も楽しめるルーレット「すべて運しだい!」 単純明快、カジノルーレット基本の遊び方 ゲームの進行 ルーレットに参加するには? ディーラーは狙ったところへ投げ込めるのか カジノルーレットの賭け方 赤か 黒か 偶数(EVEN)か、奇数(ODD)か 前半(LOW)か、後半(HIGH)か 1st 12、2nd 12、3rd 12 タテ列の 12個の番号 6個の番号に賭ける 4個の番号に賭ける 3個の番号に賭ける 2個の番号に賭ける 1個の番号に賭ける 配当倍率の簡単な覚え方 色チップ(CHIP)の買い方 色チップの持ち出しは厳禁 すぐに手を出してはいけないというルール 番の代わりにロゴが描かれた台に要注意. 的中番号を示す棒が 00番の上に置かれた状態。. Mirage ホテルのロゴが描かれたトリプルゼロ台。. MGM のトリプルゼロ台。コロナ騒動でマスク着用が義務に。. LUXOR ホテルのロゴが描かれたトリプルゼロ台。. Wynn ルーレット. 関連カテゴリー カジノ. 先週の4億円のジャックポットと、本誌読者の過去の幸運ストーリー スポーツブック、コロナで急増中のセルフ投票マシンとその使い方.

記事カテゴリー 基礎知識 ニュース ホテル ナイトショー 観光スポット グルメ ショッピング アトラクション カジノ ルーレット 市内交通 ゴルフ ツアー 地図 時事・その他.

ニュース
ネット ギャンブル
ギャンブル、ゲーム - Google 広告ポリシー ヘルプ 05.03.2021 - ネット ギャンブル
オンラインカジノやインターネットCasinoを体感したことない人でもネットギャンブルのサイトを作成することができる? - @mekemoke
オンラインカジノ オススメ
日本でのブックメーカー比較ランキング 05.03.2021 - オンラインカジノ オススメ
年最新★オンラインカジノスロットで勝てる!爆発力・ペイアウト率等の種類別おすすめランキング
ジャックポット ルーレット
‎「Kingdom ジャックポットをプレイし、勝つためにルーレットのカジノのゲーム」をApp Storeで 05.03.2021 - ジャックポット ルーレット
カジノスピニングフォーチュンホイールバナー。ルーレット、ジャックポットビッグウィン。 | プレミアムベクター
カジノ日本
今後「カジノ」が日本にできたら、治安は本当に悪化するのか?(尾嶋 誠史) | マネー現代 | 講談社(1/3) 05.03.2021 - カジノ日本
巨大「IRカジノ」は日本経済の足かせに オンライン化とコロナ直撃、ハードの時代終焉